スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

NVIDIAドライバの設定でゲームの画質を上げる その2・アンビエントオクルージョン

・アンビエントオクルージョンとは
Ambient Occlusion(以下AO)は、簡単に言えば環境光が届かない箇所に影を付ける技術。
部屋の隅や、置かれたオブジェクトの足下などにうっすらとした影を落として、映像の説得力を上げることができる。

以下に幾つかの比較を用意した、画像をクリックで別ページへ移動する。
自然な柔らかい影が増えることで、配置されたオブジェクトやキャラクターの存在感、空気感が増しているのが分かる。
比較へ移動


比較へ移動


比較へ移動


Skyrimは原寸より縮小したら分かりづらくなってしまった。
NVIDIAが公開しているSkyrim Tweaks内のAOの項目に、分かりやすいスクリーンショットがあるので一度見ることをオススメする。
というかそこ見ればこの記事は別に見なくてもいいな……設定方法も書いてあるし。


・ドライバからAOを有効にする
方法は基本的にドライバAAと同じ(一つ前の記事を参照のこと)
NVIDIAコントロールパネルから、適用したいゲームを選択し、AOの欄を設定するだけ。
"パフォーマンス"と"クオリティ"の2種類あるが、最初はクオリティで試し、重ければパフォーマンスに変えるという感じで良いだろう。
NVIDIAコントロールパネル



ここで注意。AOは非常にインパクトのある映像効果だが、それなりに重い。
たとえばSkyrimの場合。2個上のスクリーンショットの位置でフレームレートは120fps程度出ていたが、AOを有効にすると74fpsまで下がった。
CoHやCS:GOは軽めのゲームなのでそこまでの低下は無かったが、ある程度の負荷は覚悟した方がいいだろう。

それともう一つ、ドライバからのAOはNVIDIA側で対応しているゲームでしか有効にできない。
対応していない場合は、このアプリケーションではサポートされていないと表示され、グレーアウト状態になる。
NVIDIAコントロールパネル
category
ゲーム
genre
ゲーム
theme
PCゲー

Comment

Trackback

http://hikaraku.blog14.fc2.com/tb.php/217-c3dcfed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。