Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

GTX680をSLIにした

ASUSのGTX680-DC2-2GD5がツクモで29,800円だったので確保。
初SLIですわーと浮かれるものの、3スロットを少々甘く見ていた。


2014-01-11 153016-3

ファッキン狭い(クソ狭い)

3スロをセカンダリにしようとも考えたが、そうなると画像のセカンダリの真下にあるNICの位置を最上段のスロットに移動する必要があり、確実にCPUクーラーに干渉する。
クーラーをずらせばいいのだが、それにはケースごと移動して分解せねばならず、非常に面倒なので断念した。

しかし3スロだけあってよく冷える。
今まで使っていた680がセカンダリに挿さっているが、それが80度近い温度になっても66度程度で安定して動作する。
騒音の増加も僅かで気にならない。



2014-01-11 151855

けどこのSLIブリッジのルートを塞ぐカバー形状は設計ミスだろう……
これも2本の位置を入れ替えれば解決するのだが、果てしなく面倒くさい。


3dmarkcom.jpg

3DMarkスコア。貫禄の1万超え。
スポンサーサイト
category
ハードウェア

マウスパッド更新 SteelSeries 9HD

9hd外観


以前、ショップの店頭にデモとして置いてあったG500と4HDの組み合わせがすごく良かったので、一回り大きな9HDを買ってみた。
プラ系パッドだからよく滑り、そして薄い。マウスを動かすときに余計な力を入れないで済むのが楽でいい。



9hdサーフェス


表面は細かい梨地のようなざらっとした触感。
これが適度な抵抗となり、よく滑るが止めようと思えば止まる絶妙な調整になっている。
マウスのソールによってはヤスリとなってかなり削れるかもしれない。

裏面のラバー加工はよく出来ており、平らな面に置けばしっかり固定されて動かなくなる。
マウスを相当激しく操作してもズレることは無い。



9hdサイズ


サイズは横:32cm 縦:27cm 厚:2mm
そこそこ大きめ。しかし人によっては縦が足りないかもしれない。
自分はハイセンシぎみの設定なのでちょうどいい。



SteelSeries 9HD マウスパッド 63100
SteelSeries (2009-09-18)
売り上げランキング: 9,464


自分が使ってきた中ではベターな出来のマウスパッド。
値段が少々高めかもしれないが、それ以上に「使える」やつだと思う。
category
ハードウェア

LogicoolのZ120BWを買ってみた

記事用のネタはいくつか溜まっているが、書くのがめんどうなので楽そうなモノから出していくテスト。

サブPC用にスピーカーを物色していたところ、ロジの激安品が各所でプッシュされていたので買ってみた。
購入場所はヨドバシ.comで1,180円、今現在の最安はAmazonで1,004円。
ヨドバシでの通販は初めてだったが翌日に到着し、梱包も丁寧。また機会があったら使わせて貰おう。


外観と箱

見た目はシンプル。結構好きなデザイン。
ボリュームがスイッチ兼用で、最小まで絞ると電源が落ちる仕組み。



大きさ比較

誰の家にも配備されているであろうHGUC1/144 リック・ドムⅡで大きさ比較。
コンパクトな外見だが奥行きが10cm近くある。隙間に突っ込む場合はサイズを計算してからのほうがいいだろう。
左右スピーカー間のケーブル長が少々気になる。70cm程度なので、24インチディスプレイの左右に置くならばギリギリの長さ。


USBとミニジャック

音の入力は標準的な3.5mmステレオミニプラグ。
電源はUSB給電なのでコンセントは必要無し。このお手軽さが一番の購入動機。



ケーブル収納スペース

後ろはケーブルの余った部分を巻き付けておける。
USB,ミニプラグ共に長さは1.2mほどあるのでこれは便利。


全体としては低価格ながらも綺麗に纏まった中々の良モデルといえる。
低音は出ないが以外と繊細な音を出すし、定位もしっかり。
あくまで"1,000円台にしてはいい音"であるので過剰な期待は禁物だが、ノートPCやモニタ内蔵のスピーカーからグレードアップしたい、サブ環境に何か足したい、そんな場合には選択肢としてZ120BWは十分有りだ。

基本、評価高い上に、実際良いモノだが、1000円ちょいってことを忘れないように。二回言ったぞ。
category
ハードウェア

PCを新調した

少し前の話になってしまうが、ゲーム用PCを組んだ。
i7 3770kにGTX680、メモリ4GB4枚差しで16GB。システムドライブは128GBのSSDだが、ゲーム用にも512GBのSSDを積んだ。
ついでにディスプレイもBenQのXL2420Tに。
もう何も恐くない。

エクスペリエンスインデックス



裏配線は綺麗にできていいね

静音性も欲しかったので、ケースはANTECのP280 静かで良い。
アイドル時ならエアコンや空気清浄機よりも大人しい。
category
ハードウェア

サーバー組んだよ

以前の鯖は身内用のMinecraftサーバーとして活躍していたが、度重なるゲームのアップデートや、ワールドの拡張に伴うデータの肥大化でもう限界。
9年前のPCにこれ以上無理させても仕様が無いので、部屋に転がってるパーツを集めて新しい鯖を組むことにした。

で、とりあえず作ってみた。が動かない。
原因究明過程はすっ飛ばして、マザボが駄目なことが判明。
LGA775の板なんて今少ないしなぁ。それに今更買うのもなぁ。
とか思ってたら、なんとまぁ、友人が買ってくれるというではありませんか。
ありがたく頂戴。


G41-M7

BIOSTARのG41-M7
安いなりの機能と付属品だった。なぜかBIOS設定だけは充実。



RIMG0207.jpg

組む前に最低限のパーツで動作テスト。
メモリを2枚挿しているが、ここは1枚だけにしたほうがいい。もし爆発しても巻き添えになるパーツが減らせる。
BIOS確認の後、Windowsインスコ。



RIMG0215.jpg

最後にケースに突っ込む。配線のセンスが無いのはいつものこと。

パーツ構成。特に表記が無ければ部屋に転がってた保守部品。
M/B: Biostar G41-M7 友人からの頂き物
CPU: Intel C2D E6850
RAM: ADATA DDR2-800 1GBx2 別の友人からの頂き物
HDD: Maxtor 300GB IDE
DVD: LG GSA-H62N
電源: Evergreen SilentKing4 550W
ケース: Scythe EVE ツクモで3kくらい



hwmonitor

ファンが静かなのはいいことだが、HDDが少々熱い……。ケースが穴空きまくりなため、カリカリ音も気になる。
容量は必要無いから、次はSSDへの換装を考えても良いかも。
category
ハードウェア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。