Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

東京マルイ USP 分解結合時の注意点

USP


久しぶりに書く。

マルイのファーストロットは初めて買ったが、期待を裏切らず素晴らしい動きを見せてくれる。
これは良い銃だ。
しかし分解結合時に少し難があり、普通のマルイ銃のノリでやると確実にスライドに傷が付く。
それを避けるための注意点を書いておく。

※記事内で少々時系列の前後があるので、まず最後まで読んで欲しい。

※本記事はフィールドストリップの範囲なので悪しからず。



usp_loadingnozzle


まずここまで分解した際にそのままアウターバレルを引っこ抜くとスライドに干渉して傷が付く。
それを防ぐにはアウターバレルが持ち上がる位置まで前進させた後、図のように反時計回りに回転させ、青矢印の位置に注意してローディングノズルとぶつからないように抜く。



usp_slide


スライドとフレームの結合時はここ。
黄矢印のノッカーロックと赤矢印のトリガーバーが出ているなら指で押し込む。
とくにトリガーバーは最後まで押さえつつやらないと確実にスライドを削ってくる。
もちろん左右のスライドレールも所々途切れているのでスライド後部に当たらないように慎重に。
ノッカーロックとトリガーバーを避けようとスライド上方向にテンションかけるとレールに当たる危険性がある。
最難関。



usp_slidestop


ラスボス。
スライドストップを外すときは強めのテンションに気を付けて指なりなんなりで押し出せばよいが (丸い物でないとフレームに傷を付けるので注意。説明書通りにクリーニングロッドとか使うと死ぬ。指の関節の甲や、芯を出していないプラのボールペンなどを上手く使うべし)
最後に押し込む際には切り欠きに嵌まるツメがスライドを切り裂きに来る。
スライドを結合定位置に維持するテンションをかけつつ、スライドストップのツメが降ってくる位置に自分の爪を置いてカバー。
スライドストップに下方向のテンションをかけるバネもあるので上手く避けつつ押し込む。



同社製USPコンパクトを持っている人間なら誰しも覚えがあるであろう。このあらゆるパーツがスライドを傷つけにかかる設計。
この記事で悲しみが一つでも減れば幸い。



※追記
リコイルスプリングガイドを忘れていた。
USPcほどでは無いが、組上げ時にはチャンバーを後ろに下げてからでないと定位置に収まらず、少し前方にはみ出た部分が戻るときにスライドを削る恐れがある。ここは説明書にも書いてあるので熟読必須。
スポンサーサイト
category
エアソフト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。